出発までの流れ

ワーキングホリデーに出発する決意をしたら、まずは情報収集。 約1年間の長期滞在となりますので、インターネット、情報誌などを参考に充分な情報を収集されるとこをお勧めします。 情報収集は出発の6ヶ月前からを目処に始めたいところです。
語学力はあるに越したことはありませんので、出発前から勉強を始めましょう。長時間割くよりは、毎日(最低でも週5日)続けることが大切です。
そして3~4ヶ月前からパスポート、ビザ、出発日の決定など本格的な準備に取り掛かって下さい。

出発日の決め方

本格的な準備を始めるにあたって最初に決めなくてはならないのが出発日。 特に学校に行く予定のある人はコースのスタート日に注意しましょう。 殆どが月曜日になりますが、学校、コースによっては月に1回しかないこともあります。 現地で無駄な時間を過ごさない為にも入学日の2~3日前に到着するように予定を立てることをおすすめします。 また、学校は現地で見てから決めたいと言う人は入学しようと考えている日の1週間前がいいでしょう。

飛行機チケットの代金も季節によって異なります。 また、1日違いで何万円か違ってくることもありますので、注意が必要です。

季節も考慮に入れた方がいいですね。 生活をスタートするにあたってその土地がどういうシーズンであるかは多少なりとも影響すると思います。 オーストラリアは基本的に日本とシーズンが逆ですので、特にご注意を!

ケアンズは、気候的には4~12月が比較的雨が少ない適温な季節です。 その代わり、ワーキングホリデーメーカーが多いので、住居や仕事が見つかりにくい時期です。 逆に1~3月は比較的雨が多く暑い季節で、ワーキングホリデーメーカーが少ないので、住居や仕事が十分にあります。

モデルスケジュール

情報センターやスーパーマーケットに張り出されている掲示板が最も情報が多いですし、ほぼ毎日新しい情報が出ます。 週末のニュースペーパーにも情報は載ってますが、正社員の募集が多いため、短期間の仕事はちょっと探し難いかもしれませんね。
友達の口コミ、学校から紹介されることもあります。

面接

6ヶ月前 情報収集/英語勉強スタート/当社の会員になる(早めがお勧めです)
     
4ヶ月前 出発日の決定/パスポート申請*1/ビザ申請書類の準備*2/現地の英語学校選択
     
3ヶ月前 ビザ申請/歯の治療(海外保険が使えないので現地で治療すると大変高い)
     
2ヶ月前 英語学校の手続き/航空券手配
     
1ヶ月前 海外旅行保険の加入/クレジットカードの作成
     
2週間前 国際免許の取得
     
1週間前 荷物の準備
     
出発

*1パスポート取得に必要な書類・・・一般旅券発給申請書1通、住民票、戸籍抄本、印鑑、写真1枚、官製はがき1枚、身元確認のための書類、手数料の金額の収入印紙
*2ビザ取得に必要な書類・・・写真、住民票、戸籍謄本