英文履歴書の書き方

「オーストラリアで仕事をしてみたい」というワーキングホリデーや学生の方も多いかと思います。 そこで必要になるのが、英文履歴書です。 英文履歴書のことをResume(レジュメ)、またはCurriculum Vitae(C. V.)と言います。 レジュメは日本の履歴書のように決められた用紙が文房具店で売られているわけではなく、 自由な書式や紙を使って書きます。 他の履歴書に差をつけて、採用担当者が「ぜひこの人に会ってみたい」と思うようなレジュメを書いて、 希望の仕事獲得に向けて頑張りましょう。

英文履歴書の必須項目

基本的には日本の履歴書と同じですが、順番や要点が異なります。
  • PERSONAL DATA <個人の基本情報>
  • 氏名、住所、電話番号、Eメールアドレスなど、自分に関する基本情報。2行程度におさまるよう簡潔に書く。
  • OBJECTIVE <希望職種および職務>
  • CAREER OBJECTIVE、JOB OBJECTIVEともいう。 もし、自分が希望する職種とそれに見合った職能があるのなら、 レジュメ全体の焦点をはっきりさせるという点で有効。 しかし、そうでない場合にはすぐに選考枠から外される可能性があるということも覚えておいたほうがいいでしょう。 応募した職種以外でも企業側が採用を検討する場合があるので、チャンスを狭めないような書き方をしましょう。
  • SKILLS <技能>
  • 専門技術、専門知識など希望の仕事に特に有用だと思われる技能。 また自分の性格で仕事上有利と思われる能力(コミュニケーション能力、英語力など)や、 前職での実績などもあれば、ここに記入することが好ましい。
  • QUALIFICATIONS <資格>
  • 希望職種に対応する能力と資格。CAPABILITIESということもある。 あまり関連性のないものを羅列しても逆効果なので要注意。
  • WORK EXPERIENCE <職歴>
  • これまでの職歴。単にEXPERIENCE、EMPLOYMENTということもある。 原則として最新のものから順に過去にさかのぼる。和文履歴書とは逆に職歴の後に学歴を書く。
  • EDUCATION <学歴>
  • EDUCATIONAL HISTORYということもある。 特別に求められない限りは、応募する仕事に関係のある学歴および最終学歴だけでよい。
  • REFERENCES <照会先>
  • 以前の職場の上司や大学の教授などの連絡先。 日本でいう身元保証人とは違い本人の資質を保証できる人を書く。家族や親戚は該当しない。 レジュメ提出時には「Available upon request.」ということにしておくとよいだろう。

ここにあげたものは、魅力的なレジュメを作成するのに最低限必要と思われる内容です。 中には「SKILLS & QUALIFICATIONS」のようにひとつにまとめることのできるものもあれば、 職務上の表彰など特記すべき事実がある場合「HONORS & AWARDS」などを付け加えてもよい。 取捨選択して自分の長所をもっとも強調できるレジュメを完成させよう。
次に実際に、自分のレジュメを作成してみましょう。

サンプル

Seiko Suzuki
15-65, Lake Street, Cairns, QLD, 4870
Tel: 07-1234-5678
Fax: 07-1230-4658
Email: seiko_suzuki@hotmail.com

EXPERIENCE
1991 - 2004 ABC Company Adachi-ku, Tokyo
Web Designer
Constructed and maintained some contents of the company's website with HTML and JavaScript.
Made the on-line operation manual with HTML. Responded to customer's inquiries concerning internet technology and travel.

TRAINING
1991 1 year intensive training in ABCD at Tokyo Programming Institute
NT administrator certification training through GHI institute.

EDUCATION
1990 JKL. Computer Science Tokyo Technical School Adachi-ku, Tokyo

最後に英文履歴書作成のまとめ

最後のチェック項目は以下のとおりです。
  • 嘘は書かない。ただし、希望職種と関連性のない内容やマイナス要因となることは省略する。
  • 簡潔に書く。文章ではなく短い語句で書くようにする。
  • 職歴や学歴は最新のものから古いものへさかのぼって書く。
  • 職歴や学歴はどこの会社/大学のどの部署/学部に所属していたかではなく、そこで何をしたかに焦点を当てる。
  • 実績や貢献を具体的に書く。採用されたらそこで何ができるかを伝える。
  • 主語の「I」は省略する。
  • 特殊な専門用語や省略語は避ける。
以上が日系企業に必要なレジュメです。もし、あなたが現地企業へ求職する場合、カバーレターも付けた方がいいでしょう。
カバーレターとは、求職先への英文の手紙となります。主な記載内容は、下記となります。
  • 求職先企業への関心、動機
  • 自分がどのように功献できるかの説明
  • 職能の説明
  • 面接の依頼
  • カバーレターを読んでくれたことのお礼
カバーレターは、高度な英語力が必要で、また大切な部分となりますので、英語の上級者以上に内容を確認してもらうといいでしょう。
南国屋では、プロ仕上げの英文履歴書作成も行っています。